安全なドッグフードの選び方~決定版~

 
最近、日本でも犬にマイクロチップを埋め込むことが一般化してきています。

 

どうしてマイクロチップを埋め込むの?

もし迷子や地震などの災害、盗難や事故などによって、飼い主と離ればなれになっても、
犬に埋め込まれたマイクロチップの番号を専用の読取機(リーダー)で読み取り、データベースに登録された情報と照合することで、飼い主を特定できる仕組みになっています。
読取機(リーダー)は、全国の動物保護センターや保健所、動物病院などに配備されています。
マイクロチップの『迷子札』によって、万一、愛犬が行方不明になり、運悪く捕獲されて処分場(ガス室)へ送られたとしても、搬入時の検査で発見され、飼い主に連絡してもらえます。
また、ヨーロッパではマイクロチップを義務化している国が増加しており、ペット同伴での旅行の場合、マイクロチップを埋め込んでいないと入国できないことがあります。

 

マイクロチップとは?

マイクロチップは、生体内での拒絶反応を防ぐために生体適合ガラスに封入され、直径約2mm、長さ約8~12㎜の両端が丸みを帯びた円筒形をしています。
電池不要のため、半永久的に使用できます。

 

どのようにして埋め込むの?

マイクロチップを専用の挿入器(少し太い注射のようなもの)で犬の背中の皮膚の下に埋め込んで装着します。
わずか数秒なので痛がることもなく、予防接種の時と同じくらいの反応という報告が多いようですが、個体差があるので、神経質なワンちゃんの場合は局部麻酔や鎮痛剤を使用することもあります。
よく残酷なものとか、体に異物を埋め込むので健康被害が心配という人もいますが、そんなことはありません。

 

迷子になった場合、どのようにして飼い主を探せるの?

それぞれのマイクロチップには、世界で唯一の15桁の数字(番号)が記録されており、この番号を専用の読取機(リーダー)で読み取ることができます。
ペットの安全で確実な個体識別(身元証明)の方法として、ヨーロッパやアメリカなど世界中で広く使われています。

 

どこで、何歳から埋め込めて、費用はいくらかかるの?

マイクロチップの埋め込みは医療行為にあたるため、獣医が行います。
なので、動物病院で申し込まれるのが一般的です。
ただし、動物病院によってはマイクロチップや読取機(リーダー)の準備ができていないところもありますので、事前確認が必要です。

 

犬は生後2週齢、ねこは生後4週齢から埋込みができると言われていますが、個体差や健康状態を診る必要があるので、獣医に相談してください。

 

装着費用は、動物病院によって異なりますが、3000円~5000円くらいです(年間維持費は不要)。
自治体によっては装着費用の一部を補助しているところもあります。
また、装着費用以外に、「動物ID普及推進会議(AIPO)」への登録料が別途1,000円必要です。

 

ネットには、マイクロチップの功罪についていろいろな記述がありますが、個人的には装着した方が良いと考えています。

 

現状、残念ながら、保健所などへの読取機(リーダー)の配備や、担当部署の理解などがまだ不十分なので、100%飼い主のもとへ戻ってくるところまでいっていません。
でも、環境省では、捨て犬・猫を減らすために、マイクロチップの装着義務化を検討しているなど、日本でも急速に普及する可能性があります。

愛犬にマイクロチップのすすめ関連ページ

犬を長生きさせる4つのポイント
愛犬を長生きさせる4つのポイントは、「長生きのために最重要な食生活」、「適度な運動」、「意外と大事な環境」、「ケガや病気の早期発見」です。
犬に必要な栄養は人とは違う
犬に必要な栄養は人間とはまったく違います。たとえば、人間が主食としている炭水化物は犬にとっては分解を苦手としているため、 摂取する必要がないともいわれています。
犬にはおやつは不要
人以外の動物は、お腹がすいたら必要な食物を食べるだけです。ところが、犬は人に飼われるようになり、必要以上におやつを食べています。「おやつ」をやり過ぎるといろいろ障害が出ています。
犬の病気も早期発見が第一
病気は早期発見が第一です。犬が病気になったとき、何らかのサインを出します。このような病気のサインを察知してあげることは飼い主の務めです。
犬が食べてはいけない食物
人の食べ物でありながら、犬にとっては好ましくない食べ物があります。結構こんなものがというものもあるので、注意してください。
結構多い犬の異物誤飲
犬が本来食べる物でない物を間違って食べてしまう異物誤飲は結構多い。 運悪く命を落とすこともあるので、注意が必要です。
これで犬の気持ちがわかる?
愛犬の首輪に装着すると、24時間自動で「歩数」「震え」「(周囲の)温度変化」が測定できる犬用初の歩数計「わんダント」がネット口コミで人気です。
犬に与える水はコレ!
犬にはどんな水を与えれば良いのでしょうか?水道水とミネラルウォーターとを比較しました。
予防接種は毎年必要?
体重測定は健康管理の基本
体重測定は健康管理の基本です。体重を定期的に量り、体重に変化があれば、病気のサインの可能性があるので、病気の早期発見につながります。
うんちは体調のバロメーター
うんちは体調のバロメーターです。うんちは、8つのチェックポイントを確認することが大切です。
フードを食べない時には
フードを食べない時には、おやつなどの人間の食べ物を与えていたり、トッピングしたりが原因であることが多い。 それを断ち切るのは、根気よく、心を鬼にする必要があります。
犬の手作り食のデメリット
最近、市販のドッグフードの替わりに、手作り食を作る方が増えてきました。でも、安易に手作り食に切り替えるのはちょっと危険です。ドッグフードと手作り食のそれぞれのメリット、デメリットを理解した上で、手作り食に切り替えましょう。
犬のアレルギー(入門編)
人間だけでなく、犬もアレルギーになります。アレルギーの原因は様々です。犬の場合、人間と少し違ったところに症状が出ます。
膝蓋骨脱臼(パテラ)や骨折を予防する方法
犬の「脱臼(パテラ)」や「骨折」の大半がツルツルすべる「フローリング」が原因です。毎日の手間がかからず、フローリングの床を滑りにくくする最善の方法をご紹介します。