安全なドッグフードの選び方~決定版~

脱臼(パテラ)」や「骨折」の大半が家の中で起こる

活発な犬は、室内外を問わず、よく動き回ります。
でも、意外とケガの66%が家の中で起こっています。
特に、「脱臼」や「骨折」は、そのほんとんどが家の中で起こっています。
家の中でのケガの原因は、ダントツの1位で「フローリング」なのです。
ツルツルすべることにより、「脱臼」や「骨折」が起こります。
特に、犬の脱臼で一番多いのが、膝蓋骨脱臼(パテラ)です。
膝蓋骨脱臼は、いわゆる「膝のお皿」が本来の位置からずれてしまった状態のことです。

 

小型犬は骨が細く、強度も弱いため、関節や靭帯が強くありません。
一方、大型犬は体重が重いため、関節や骨にかかる負担が大きくなります。
また、老犬の場合、加齢によって、靭帯の強度が落ち、さらに周囲の筋肉も弱くなります。
つまり、どんな犬種や年齢でも、犬は脱臼や骨折を起こしやすい動物なのです。
ツルツルすべるフローリングを走り回るということは、脱臼や骨折を起こしやすい犬にとって、非常に危険な環境なのです。

「脱臼」や「骨折」の予防方法(コスト小、手間大)

フローリングの滑り止め対策は、いくつかあります。
ここでは、ペット用ワックス、犬用マット、コルクマットについて、メリットとデメリットをまとめました。

方法

メリット

デメリット

ペット用ワックス 安価

滑り止め効果はほとんどなく、よく滑って転倒する
塗り替えが大変で手間がかかる
おしっこや消臭スプレーなどで簡単にはがれる

犬用マット

滑りにくくなる
汚れた部分だけ洗える
好きな面積だけ敷ける

毎日のマット洗い、マット干しが大変
おしっこをした場合、フローリングまでしみる
犬がかじってボロボロになる場合があり、健康面で不安

コルクマット

滑りにくくなる
汚れた部分だけ洗える
好きな面積だけ敷ける

毎日のマット洗い、マット干しが大変
犬がかじってボロボロになる場合があり、健康面で不安
家中全部にコルクマットを敷き詰めることは費用大

 

 

以上のように、犬用マットやコルクマットは滑り止め効果はあり、費用もある程度抑えられることもあり、多くの方が利用されています。
でも、「毎日の掃除、洗濯、乾燥、交換などがとにかく大変な労力」とみなさん口を揃えておしゃってます。また、家中全部に敷き詰めることは費用もかかります。

「脱臼」や「骨折」の予防方法(コスト大、手間小)

犬用マットやコルクマットのように、毎日の手間がかからず、フローリングの床を滑りにくくする最も良い方法は、すべてのフローリングにコーティングすることです。
フローリングのコーティングでは、滑りにくさと20年保証の点で「愛犬の床」がオススメです。

 

「愛犬の床」のメリットは以下の通りです。

・フローリングが滑りにくくなる
・掃除がカンタン(汚れても水拭きでキレイになる)
・20年保証
・戸建・マンションで居住中でも新築でもOK!
・全国対応(沖縄、離島を除く)
・傷がつきにくい
・犬が舐めても安全・安心
・ワックスのかけ直しが不要
・おしっこで溶けない
・殺菌用アルコールでの掃除がOK
・高温スチームを使用した掃除がOK

 

唯一の欠点は、費用がかかることですが、費用対効果を考えて、一度、検討されてはいかかでしょうか?
愛犬の床のパンフレット・施工サンプルは無料で請求できます。
パンフレットには、床板のサンプルが付いているので、キズの付きにくさ、滑りにくさが確認できます。

【愛犬の床】のパンフレット・施工サンプル無料請求

 

 

膝蓋骨脱臼(パテラ)や骨折を予防する方法関連ページ

犬を長生きさせる4つのポイント
愛犬を長生きさせる4つのポイントは、「長生きのために最重要な食生活」、「適度な運動」、「意外と大事な環境」、「ケガや病気の早期発見」です。
犬に必要な栄養は人とは違う
犬に必要な栄養は人間とはまったく違います。たとえば、人間が主食としている炭水化物は犬にとっては分解を苦手としているため、 摂取する必要がないともいわれています。
犬にはおやつは不要
人以外の動物は、お腹がすいたら必要な食物を食べるだけです。ところが、犬は人に飼われるようになり、必要以上におやつを食べています。「おやつ」をやり過ぎるといろいろ障害が出ています。
犬の病気も早期発見が第一
病気は早期発見が第一です。犬が病気になったとき、何らかのサインを出します。このような病気のサインを察知してあげることは飼い主の務めです。
犬が食べてはいけない食物
人の食べ物でありながら、犬にとっては好ましくない食べ物があります。結構こんなものがというものもあるので、注意してください。
結構多い犬の異物誤飲
犬が本来食べる物でない物を間違って食べてしまう異物誤飲は結構多い。 運悪く命を落とすこともあるので、注意が必要です。
これで犬の気持ちがわかる?
愛犬の首輪に装着すると、24時間自動で「歩数」「震え」「(周囲の)温度変化」が測定できる犬用初の歩数計「わんダント」がネット口コミで人気です。
マイクロチップのすすめ
犬にマイクロチップを埋め込むことが一般化してきています。愛犬が行方不明になっても、マイクロチップによって、飼い主のもとへ返せる可能性がぐっと上がります。
犬に与える水はコレ!
犬にはどんな水を与えれば良いのでしょうか?水道水とミネラルウォーターとを比較しました。
予防接種は毎年必要?
体重測定は健康管理の基本
体重測定は健康管理の基本です。体重を定期的に量り、体重に変化があれば、病気のサインの可能性があるので、病気の早期発見につながります。
うんちは体調のバロメーター
うんちは体調のバロメーターです。うんちは、8つのチェックポイントを確認することが大切です。
フードを食べない時には
フードを食べない時には、おやつなどの人間の食べ物を与えていたり、トッピングしたりが原因であることが多い。 それを断ち切るのは、根気よく、心を鬼にする必要があります。
犬の手作り食のデメリット
最近、市販のドッグフードの替わりに、手作り食を作る方が増えてきました。でも、安易に手作り食に切り替えるのはちょっと危険です。ドッグフードと手作り食のそれぞれのメリット、デメリットを理解した上で、手作り食に切り替えましょう。
犬のアレルギー(入門編)
人間だけでなく、犬もアレルギーになります。アレルギーの原因は様々です。犬の場合、人間と少し違ったところに症状が出ます。