安全なドッグフードの選び方~決定版~

原材料表示の読み方

ドッグフードのパッケージ表示で最も分かりにくいのが、「原材料名」です。
一見すると、おかしなものでないように見えて、実は、犬にとって良くないものが入っている場合があるので、原材料表示の読み方について、説明します。

最初の原材料名に注目する

原材料名は、使用量の多い順に表示されています。
まず、最初の原材料名に注目します。
最初に、「牛肉」、「豚肉」、「チキン」、「ラム」、「サーモン」などの肉や魚がきているか確認します。
肉食動物の犬にとって、原材料として良質な動物性タンパク質を摂取することが大切です。
ここで、「とうもろこし」や「小麦」などの穀物がきている場合、植物性タンパク質になります。
植物性タンパク質では犬の必須アミノ酸をすべてまかなうことができません。
また、犬の消化器官は植物性タンパク質の分解を苦手としています。
なので、最初の原材料名に肉や魚などの動物性タンパク質がきているかチェックしてください。

あいまいな表現のものは避ける

下記のように、あいまいで、良くわからない名前は危険な原材料が使われている可能性あるので、要注意です。
  ◯◯類(肉類、穀類)
  ◯◯粉(米粉、肉粉、肉骨粉)
  ◯◯ミール(ミートミール(肉粉)、ミートボーンミール(肉骨粉)、ポークミール、チキンミール)
  ◯◯副産物(牛肉副産物)
ミートボーンミール、肉副産物は、すべて肉骨粉と同じ意味です。
肉骨粉と言えば、あの狂牛病で有名になった言葉です。
ちなみに肉骨粉とは牛・豚・鶏などから食肉部分を除き、残った屑肉、脳、脊髄、骨、内臓、血液を加熱処理の上、乾燥させ粉末としたものです。
こんな廃棄物を使用して、ドッグフードの原材料コストを下げています。
原材料名の「牛肉」、「豚肉」、「鶏肉」、「七面鳥肉」などと具体的な名称で書かれているものを選びましょう。

スプリッティング(分割)とは?

ドッグフードの原材料名表記でズルをする時に使うのが、「スプリッティング(分割)」という裏ワザです。

 

たとえば、次のような原材料名が表記されていたとしましょう。
  (1)ラム肉
  (2)とうもろこし
  (3)コーングルテン
  (4)コーンスターチ
(以下略)

 

原材料名の先頭にラム肉がきているから、このドッグフードには動物性タンパク質が多く含まれ、良いドッグフードだと勘違いすると思います。
実は、とうもろこし、コーングルテン、コーンスターチは同じもので、この3原材料を合計使用量がラム肉より多くなると、本当は原材料名の先頭に「とうもろこし」と表記すべきところです。
このように、同じ原材料を分割することによって、原材料名を入れ替えて表示することを「スプリッティング(分割)」と呼びます。

 

同様に「ライスミール」、「米粉」「米糠」「挽き米」のように、名前を変えて分割して表記されている場合もあります。
また、分割することによって、使用される原材料の種類を多く見せることができ、多様な栄養素が入っている錯覚を起こさせる効果もあります。

 

現在市販されているドライドッグフードの大半が少なくとも3種類の穀類を使用して、成分の平均50%以上が炭水化物となっているといわれています。
穀類は安価でペットフードのかさを増やし、加工も簡単なためペットフードに大量に使用されているのです。

原材料の優劣比較

実際にドッグフードに使われている原材料で良い例と悪い例を示します。
例1は良質なものが使用され、有害とされる食品添加物が含まれておらず、原材料名も具体的な名称です。
これに対して、例2は炭水化物(穀類)がメインで、危険な食品添加物(BHA、BHT)も含まれ、◯◯類(□□、□□等)のようにあいまいな表現が多いことが分かります。
また、着色料、保存料の添加物も満載です。

 

例1(良い例)
骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、鶏肉レバー、丸ごとニシン、骨なし七面鳥肉、乾燥七面鳥肉、七面鳥レバー、全卵、骨なしウォールアイ、丸ごとサーモン、鶏ハツ、鶏軟骨、乾燥ニシン、乾燥サーモン、鶏レバー油、赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、日干しアルファルファ、ヤムイモ、えんどう豆繊維、ひよこ豆、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、レッドデリシャスアップル、バートレット梨、クランベリー、ブルーベリー、昆布、甘草、アンジェリカルート、コロハ、マリーゴールドフラワー、スイートフェンネル、ペパーミントリーフ、カモミール、タンポポ、サマーセイボリー、ローズマリー

 

例2(悪い例)
穀類(とうもろこし、米等)、肉類(チキン、ビーフ等)、油脂類(パーム油、大豆油、ひまわり油等)、大豆、コプラフレーク、植物性タンパク、タンパク加水分解物、キシロース、野菜類(ほうれん草、にんじん、トマト)、グルコサミン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸類(グリシン、システイン、メチオニン)、着色料(青2、赤102、黄4、黄5、二酸化チタン)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(BHA、BHT)

ドッグフードパッケージの原材料表示の読み方関連ページ

危険なドッグフード
ペットフード安全法では、ペットフードの製造に使用した添加物の記載が必要ですが、原材料に含まれる添加物の表示までは義務付けていません。 あなたの愛犬が毎日食べるドッグフードには危険な合成添加物がたくさん含まれている可能性があります。
犬には発色剤の亜硝酸ナトリウムは危険すぎる!
亜硝酸ナトリウムはいわゆる発色剤で、肉などに多く含まれるアミンと結合して発ガン物質に変化します。亜硝酸ナトリウムは犬にとって、害にしかなりません。
4Dと呼ばれる原材料の正体
ドッグフードには、人間が食べる事の出来ない4Dと呼ばれる最低ランクの肉を使用しているのです。
ドッグフードのいろいろな分類
市販のペットフードには、目的、形状(タイプ)、グレードなど様々な分類方法があります。
犬には炭水化物は不要
肉食動物の犬にとって、穀類などの炭水化物を食べるような体になっていません。犬には、新鮮な肉を豊富に含む高たんぱく低炭水化物の食事が必要なのです。
パッケージのここをチェック!
購入前にドッグフードのパッケージをチェックして下さい。特に、賞味期限・成分・原材料名の表示の確認は重要です。
腐らないドッグフードの秘密
ドッグフードの賞味期限がなぜ長いのしょうか。 それは強力な保存料、酸化防止剤が入っているからかもしれません。
並行輸入品には要注意!
通常、「並行輸入品」は、日本国内向けの正規品に比べて、格安で購入できますが、 この「並行輸入品」には注意が必要です。
酸化防止はビタミンC+Eで
ペットフードに油脂成分を使う以上、酸化防止剤の使用は避けられません。 ビタミンCとビタミンEの2段構えで、油脂成分の酸化を防止します。
窒息死を防ぐフード形状
犬がドッグフードを丸呑みして、窒息死する事故が起こっています。 フード形状が愛犬を恐ろしい窒息死事故から守ることができるかもしれません。
AAFCOとは?
アメリカでペットフードの品質管理を定めているのが、AAFCOです。 AAFCOは、ペットフードの栄養基準などのガイドラインを設定しています。 ただし、基準を決めている機関であって、ペットフードの検査機関ではありません
ドッグフードの保存方法
ドッグフードの保存方法は、ドライタイプ、ウエットタイプ、半生タイプでそれぞれ異なります。 ドライタイプの開封後は、この酸化を少しでも防げるように念には念を入れる方法で保存します。
1日分のフード量の求め方
犬に与える1日分のフード量は、年齢や体重、運動量によって違ってきます。サイズも年齢も違う犬たちの1日分のフード量を比較的簡単に計算できる方法を紹介します。
1日分のフード量管理術
毎日、フード量を計量するのは結構面倒なものです。私が行っている超簡単にできる1日分のフード管理術を紹介します。
安いフードを作るための工夫
ドッグフードメーカーは安いドッグフードを作るために、いろいろな工夫をしています。 それらによって、愛犬の健康状態が変わってくるとしたら、注意してフード選びしたいものです。
犬は味覚音痴
ドッグフードの広告を見ると、「犬が大好きなビーフ味」などと、犬にも味覚がなにより大切だと錯覚しますが、犬は人間のように味にこだわりません。
おすすめフードを選定している雑誌とは
毎年、アメリカで公正・中立的な立場からおすすめドッグフードを選定している雑誌をご存知ですか?それは、『The Whole Dog Journal』という犬専門の月刊誌です。